刀剣乱舞 キャラ情報 鶴丸国永

dmm02

刀剣乱舞 キャラ情報 鶴丸国永に関する記事です。

 

今現在、話題沸騰中のゲーム
「刀剣乱舞」

 

543633

 

刀剣の名をもつ美男子達が戦うゲームですが、その中でも特に人気のキャラなどが登場してきています。

 

今回は、刀剣乱舞のキャラの中でも人気があるキャラの一人。 鶴丸国永 についてです。

 

以下、鶴丸国永についてキャラ能力、性格・設定、絵師、声優の情報書いてます。

 

000311

 


スポンサーリンク



刀剣乱舞 キャラ情報 鶴丸国永

まずは、鶴丸国永のキャラ能力です。

 

000309

 

No. 130

タイプ 太刀

刀派

範囲 狭

読み方 つるまるくになが

ランクアップ 25

レア 特

ランクアップ後→ 鶴丸国永-特-

生存 51

打撃 51

統率 51

機動 31

衝力 38

必殺 32

偵察 28

隠蔽 26


スポンサーリンク


 

鶴丸国永の絵師・声優情報

鶴丸国永の絵師は「Izumi」という方です。

 

この方はかなり有名な絵師さんのようで、台湾人のイラストレーターです。

 

ソーシャルゲームのカードやイラストカットを手がけており、代表作として
「モンハン 大狩猟クエスト」のカードイラスト
「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 コミックアンソロジー VOL.4 」の表紙などがあるそうです。

 

000312

引用元:amazon.co.jp

 

Izumiさんのホームページはこちら
http://izumito.blog124.fc2.com/

 

鶴丸国永の声優さんは斉藤壮馬(さいとう そうま)さん

 

000313

 

最近の若手声優さんで、今イケメン声優として人気が出てきてる声優さんです。

 

2015年、第九回声優アワード新人男優賞を受賞して、実力も折り紙つきです!

 

声優としての出演例

アカメが斬る!(タツミ)
アルドノア・ゼロ(詰城祐太朗)
神々の悪戯(男子生徒A)
残響のテロル(ツエルブ / 久見冬二)
シドニアの騎士(赤井持国、操縦士、議員)
そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-(客B、カメラマンA)
トライブクルクル(天宝院ユヅル[5])
のうりん(生徒)
ハイキュー!!(山口忠)
幕末Rock(正義隊)
フューチャーカード バディファイト(龍炎寺タスク、電子忍者 紫電、伝説の勇者 タスク、生徒、魔獣グレンデル)
ポケットモンスター XY(助手)
ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2 デコロラアドベンチャー(街の人)
魔法科高校の劣等生(五十里啓)
弱虫ペダル(舘林元成)
レディ ジュエルペット(カレー王子)

 

ハイキューの山口は結構印象に残ってますね。

 

000314

 

月島の幼なじみってだけであんまり活躍の場が少ないけど好きなキャラです☆

 

以下、鶴丸の音声ボイスまとめの動画です。

 

鶴丸国永の性格、設定情報

 

鶴丸国永の刀剣としての説明

平安時代の刀工・五条国永によって作られた刀。

 

国永は、三条宗近、つまり三日月宗近を作った刀工の弟子。

 

主と共に墓に入れられていたが暴かれたり、神社に納められていたものを回収されたりと、なかなかすごい逸話を持つ刀。

 

最終的には明治34年(1901年)の仙台行幸のおりに、仙台伊達家伊達宗基から明治天皇へ献上された。

 

 鶴丸国永のキャラ設定

見た目的に、かなりのクールキャラかとおもいきや性格は飄々としている様子。

 

鶴丸の特徴としては「真っ白な衣装」が印象的。

 

これは鶴をモチーフとしているらしい。

 

ゲーム上のセリフで 「衣装は白一色でいいのさ。戦場で赤く染まって、鶴らしくなるだろう?」 という台詞がある。

 

ほかにも衣装に関するセリフを言うことがあるので、自身のこだわりの模様。

 

000310

 

絵師さん情報では、金色の装飾は紐ではなく鎖らしい。

 

刀剣乱舞にはまだまだ人気のキャラがいるので随時紹介していきたいと思います。

 

以上、刀剣乱舞 キャラ情報 鶴丸国永に関する記事でした。

 


刀剣乱舞でたくさんの刀剣男子を手に入れようとすると、課金アイテムがほしくなりますね。
でもお金は掛けたくないなーという方は以下方法を使ってみましょう。
⇒無料で大量のDMMポイントをゲットする方法


また、刀剣乱舞でキャラをGETするためにすごく大事なレシピ情報を以下にまとめています。
⇒刀剣乱舞のレシピ情報一覧(キャラ、刀装、黄金レシピなど)

 


スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ